施工事例

完全分離型 Kさま/那覇市

世代を繋げていくおうち

建物種別一戸建て
間取り1LDK+1
築年数50年
構造鉄筋コンクリート造3階建て
工期4ヵ月
施工場所那覇市
施工費用2030万円
家族構成ご夫婦+お子さま2人
リフォーム内容解体工事、屋根工事、木工事、内装工事、電気工事、タイル工事、塗装工事 etc...
カテゴリ 完全分離型
慣れ親しんだ地域に加え、周囲は買い物や食事ができる好立地ということもあり、実家のリノベーションをご選択されたKさまご夫婦。
築50年ということもあり、天井や水周りに老朽化の影響が見られましたが、まずは補修に力を入れて建物を再生させ、今後も長く安心して暮らせる住まいが完成しました。

既存は母屋として利用していたため、昔ながらの和室が並び独立したキッチンと個室が配置された間取りとなっていましたが、リフォーム後はKさまご家族の生活スタイルに合わせた内容でプランニングをし直しました。

週の1日で1週間分の食事をつくるという奥さまからのご要望で、3mの広いシステムキッチンを配置し、背面にも使い勝手を考慮した可動式の造作食器棚を配置。
また、対面式キッチンとすることでリビングダイニングとの繋がりを持たせることができ、以前と違った開放的なLDKスペースとなりました。

他にも、1つの個室を家族全員分の収納兼クローゼット部屋としてまとめたり、脱衣室は出入口を2way仕様とするなど、共働き夫婦の家事短縮に繋がる工夫が施されています。

リビングと寝室を仕切る壁には、採光や空調が取れるよう上部開口部をバランス良く配置。
寝室内は間仕切りをあえて造らず、子供たちが離れたあとの夫婦ふたり暮らしでも活用しやすいようプランニングしています。

懐かしい思い出と、これからの新しい思い出が長く世代へ引き継がれるおうちとなりました。

ルームプラン

3階

before

after

家づくりストーリー

以前母屋として祖父母が活用していた実家のアパート3階部分は、祖父の逝去後、建物天井からの水漏れがひどいこともあり倉庫化している状態でした。

そこで、2階部分の親世帯とKさまご家族が2世帯住宅として一緒に居住することとなりましたが、1階部分は賃貸としての家賃収入もあることから、解体新築ではなくリフォームにて建物は長く持たせようと進めていく形となりました。

下の階へ続く階段はそのまま残すことでいつでも親世帯とも繋がれるよう部分共有型とし、間仕切る造作ドアが室内のかわいいアクセントにもなっています。

広いクローゼット部屋の確保や家事導線を考慮することをご要望として頂き、内装についてはこちらからのご提案を反映した形で既存の雰囲気を壊さないリノベーションを気に入って頂けました。